脱毛コラム

髭剃り負けをしないための肌荒れ対策について解説

投稿日:

女性が化粧をするように、男性にとって髭を剃ること(整えること)は身だしなみやマナーの基本になります。

毎朝起きてしっかり髭を剃って、清潔感や爽やかさを出すのは男子の当たり前です。

 

そんな髭剃りですが、「カミソリ負けが酷い」と悩んでいる男子も少なくないはずです。

髭を剃るたびにカミソリ負けが酷く、かつ色白の人は荒れた肌が目立って大変かと思います。

 

ですがそれでもヒゲは生えてくるので、また剃っては荒れてを繰り返すのは正直しんどいことかと思います。

 

そこでこのページでは髭剃り負けを無くし、肌荒れを防ぐ方法やコツをお伝えしたいと思います。

 

髭剃り負けとは

髭剃り負けとは、カミソリ負けと同じ意味合いのことで、このページではヒゲなを剃刀で剃った後の肌に発生する炎症のことを意味します。

元々髭剃りというのは刃を肌に当てる必要があるため、その際に肌の角質層を傷つけてしまい、少なからず肌を傷つけてしまいます。

 

その時に起こりうるヒリつき、痛み、赤身、湿疹が酷いものが髭剃り負けに該当します。

この傷が完治するのには普通数日程度が必要で、髭を剃ることが社会人としての礼節となっている日本では大抵髭は毎日剃るため症状が悪化してしまいがちになります。

 

髭剃り負けによる色素沈着の恐れ

またヒゲなどをカミソリで剃る際に、髭剃り負けによる色素沈着になることがよくあります。

カミソリの刃の状態が悪かったり、シェービングでのダメージが酷いとメラノサイトを活性化させてしまい、黒ずみをにもなりやすくなってしまいます。

 

剃った後の角質層が傷ついた敏感な肌に対して、きちんと保湿ケアなどでバリアを張ってあげないことが原因になります。

色素沈着はヘタをするとシミ同様治すのが難しくなってしまうため、きちんとしたケアが必要になります。

 

髭剃り負け原因

さて髭剃り負けはどうして起こるのかについてですがまとめました。

 

カミソリや電動シェーバーが不衛生である

カミソリや電気シェーバー自体が肌荒れボ問題となっているケースです。

 

例えば、カミソリやシェーバーの刃がさび付いていたり、今までの毛が挟まっていたりすると、剃毛時にそれらの毛が邪魔をしてうまく剃れません。

そのためストロークの回数を増やしてしまい、結果的に肌荒れを起こしてしまいます。

 

また刃が不衛生ですと、カミソリに細菌が増殖してしまい、カミソリについた傷から細菌が入り込んで炎症を引き起こす可能性があります。

 

ヒゲの剃り方が間違っている

また別の原因としては髭剃りの方法が間違っている可能性があります。

 

考えられる原因はいくつかあります。

  • シェービング前に顔を洗わずいきなり始める
  • シェービングフォームを使用していない
  • 剃るときに逆剃りばかりしてしまう
  • 剃った後で保湿ケアをしていない

など剃り方を間違っている可能性上がります。

 

まず、剃る前に洗顔を行っていない場合ですが、ヒゲなどをする前にしっかりとヒゲに水分を含ませて毛を柔らかくする必要があります。これをしないとカミソリの抵抗が大きくなり、肌を傷つけやすくなってしまいます。

 

またシェービングフォームを使用しないと肌とシェーバーが摩擦を起こしてしまい肌荒れに繋がってしまいます。

 

髭を剃るときについついよく剃れるからと「逆剃り」にしてしまいがちになるのですが、逆剃りは当然肌に対するダメージが大きくなってしまいます。逆剃りをし過ぎるのにも注意が必要になります。

 

さらにカミソリをした後にきちんと保湿ケアを行っていないのも、肌を荒れる方法になる1つになります。

ヒゲを剃ると肌の角質層も同時に削り取ってしまい、そこから雑菌が侵入したり、角質層を補うために水分を出してしまいその水分にニキビの元であるアクネ菌が繁殖したりします。

そうならないためにもシェービング後はきちんと保湿ケアをする必要があります。

 

剃り負けの対策

では髭剃り負けをしないためにはどのようなことをするべきなのでしょうか?

 

剃毛する前に顔を洗う

寝起きなどでいきなりヒゲを剃ると肌荒れに繋がってしまいます。

そこでまずしてほしいのが、ぬるま湯で顔を洗うことです。(蒸しタオルで顔を洗うのでもOK)です。

 

温かい水分を肌に当てることで毛が柔らかくなり、ヒゲを剃った時に掛かる負担を減らすことができます。

 

カミソリの刃を定期的に交換する

剃り負けをしてしまう人が真っ先に見直すべきは、カミソリの使用頻度です。

メーカーが提示する市販カミソリの刃の寿命は2週間です。(電動シェーバーの刃の場合は半年程度です)

 

カミソリを長いことそのまま使い続けている場合は、カミソリの刃に皮脂や毛が詰まってしまって切れ味が落ちてしまいます。

その切れ味が落ちている状態で剃り続けると必然的にストロークの回数が増えてしまい、肌を傷つけてしまう可能性があがってしまいます。

 

また先ほど説明した通り、手入れをしないと不衛生のままだと刃を通して肌に菌が入り込んでしまい、肌を傷つけたり赤みを作る原因にもなります。

 

逆剃りを減らす

基本的に毛の流れに沿ってカミソリを使うのですが、ついつい剃りやすいからと逆剃りを繰り返していませんか?

この逆剃りは切れ味こそ良いものの、毛の流れに逆らってしまっているため肌荒れにつながってしまいます。

 

場所によってはやらないと剃りきれないというところがあるかもしれませんが、何度も繰り返し逆剃りにするのは避けた方が良いです。

 

ちゃんと保湿ケアをする

ヒゲを剃った後にきちんとケアをしない男性は非常に多いのですが、髭剃りによる角質層が傷をついているのでそれを保護するためにも、保湿成分が高いオイルや乳液などを使うように心がけてください。

化粧水は場合によっては刺激が強すぎて髭剃り後の敏感な肌を傷つけてしまう可能性もあるので、あまり推奨はされていないようです。

 

髭剃り負けの治し方

もし肌の表面が傷つき赤みが発生してしまったのであれば、氷水につけた冷やした折るなどで、髭剃り後の肌を冷やしましょう。

軽いものであればこの方法で赤みが引くこともあります。

 

また髭剃り負けやによる肌荒れをいち早く治したいのであれば、傷がいえるまでにヒゲを剃らない、極力汚い手で触らないなどして肌に刺激を与えるのをやめましょう。

会社務めしている人には少し難しいかもしれませんが、マスクをするのなどして対応して頂くのが良いかなと思います。

 

またあまりにも症状が酷かったり、化膿しているのであれば皮膚科に見てもらうことを強くオススメします。

 

市販の薬で効果があるものとすると

  • オロナイン軟膏
  • ワセリン
  • メンソレータム
  • オーデクリームS

などもあります。

 

おわりに

以上、髭剃り負けになる原因や予防、対策案度を紹介しました。

男性はほぼ毎日髭剃りをする必要があるため、肌にかなりの負担を掛けてしまっています。

 

それなのにキチンとケアをしないという人も目立ちます。

ちゃんと肌のケアをしないと、そのまま傷を残したまま乾燥して、ニキビや吹き出物の原因になってしまう可能性があります。

 

そうならないように正しい剃り方や、機材・肌の手入れを行いましょう。

永久脱毛ができる!おすすめの脱毛クリニック!

全身脱毛が安い!【レジーナクリニック】

☑全身26カ所の医療脱毛5回が189,000円と業界最安値

☑分割払いなら月額6,800円

☑技術力の高さ・安全性の高さNo.1(医療関係者が選別)

☑2017年薬事承認取得医療脱毛機器を使用しているので、安全かつ完璧な治療が可能

☑最短8ヶ月で永久脱毛ができる

☑無料カウンセリング随時開催しているので不安を解消できる

受け放題プランあり!【アリシアクリニック】

☑医療脱毛をお手軽に全身脱毛2ヶ月分0円実施中

☑全身脱毛受け放題(月額11,600円)があるので剛毛の人はこちらの方がおすすめ

☑アクセス便利で居心地のよい場所に店舗がある

☑ドクター、看護師、カウンセラーの対応が丁寧なので、相談しやすい

☑ライトシェアデュエットという痛みを少ない脱毛機器を導入

 

男性ならココ!【ゴリラクリニック】

☑開院2年で22万人の実績があるメンズ専門の医療脱毛クリニック

☑「ホリエモン」「アンジャッシュ児島」など多数の芸能人が来院

☑実質受け放題の「ヒゲ脱毛完了コース」がある

☑8箇所選べる全身脱毛プランも分割払いで月8,500円から利用可能

☑最新脱毛機器&複数の麻酔により痛くない脱毛を実現

☑VIO(陰部)の脱毛は男性スタッフが担当するので「女性に股間を見られる恥ずかしさはナシ」

☑従業員&設備が良い「充実のホスピタリティ」

-脱毛コラム

Copyright© 脱毛ちゃんねる , 2019 AllRights Reserved.