ヒゲ脱毛 部位別脱毛

ヒゲ脱毛の失敗例!毛嚢炎や肌荒れにならないためには?

更新日:

私はヒゲ脱毛を行うことによって、見た目も清潔感がマシ、髭剃りに掛ける時間や労力も少なくなり、かなり満足をしています。

ですが、SNSなどや口コミ等を見ていると「ヒゲ脱毛なんてしなければよかった」と後悔している人が一定数いることを知りました。

 

せっかく、「日ごろの髭剃りの手間から解放されたい」「剃っても全然目立つ不潔な青髭が嫌だ」「毎回カミソリ負けで肌が荒れてしまうのを解消したい」と思って始めたヒゲ脱毛もこれは意味がありません。

 

このページでは、ヒゲ脱毛で失敗しないために、「ヒゲ脱毛の失敗した例」や「事前に抑えておくポイント」を紹介したいと思います。

 

ヒゲ脱毛の失敗パターン

手術費用が思った以上に高かった

脱毛は基本的にある程度の料金が掛かってしまいます。

「○年間通い放題」とか「○回△円」とかですと金額が分かりやすいのですが、1回ごとに料金が発生するものや、ニードル脱毛のように1本1本の施術に対して料金が発生するものだと、予想よりも脱毛できてなく(自分が思った以上に剛毛で)、予定していた予算をオーバーしてしまうということもありえます。

 

脱毛効果が感じられない

「脱毛を受けたはずなのにまたヒゲが生えてきてしまう」という不満はよく耳にします。ただこれは必ずしも施術効果がなかったというわけではなく、恐らく脱毛の毛周期が関係してくるからです。

 

毛には生え代わりのサイクルがあり、約80%以上のヒゲが毛穴の中で潜伏していて生えるのを待っている状態になっています。

脱毛の場合複数の種類があるのですが、どれも毛が表面に生えている20%の状態にしか効果がなく、生え変わりに合わせて定期的に通う必要があります。

「効果がなかった」と一見脱毛が失敗したかのように感じてしまうかもしれませんが、ただ単に施術を行えなかった毛穴の奥の奥の毛がちょうど生えてきただけと考えた方が良いでしょう。

 

ヒゲ脱毛が物凄く痛かった

ヒゲ脱毛をしている身としての正直な感想として、脱毛はものすごく痛いです。とくに鼻下あたりの敏感な部分は涙が出るほど痛かったです。

 

とくにニードル脱毛という脱毛方法では、毛穴1つ1つに対して針を刺し電流を流すのですが、その時に流される電流は敏感な顔にはかなりビリビリするもので、1回ごとにゴムパッチンを顔に当てたような痛みを伴います。

女性の脱毛に比べて男性の毛、とくに太い毛が密集しているヒゲは痛みを感じやすいので、その痛みに耐えきれず途中で施術を断念してしまうという人も少なくないようです。

 

ちなみに痛い順はニードル脱毛が上で、次にレーザー脱毛、そしてあまり痛くないのがフラッシュ脱毛のように感じました。

ただこれも個人差があって同じく複数の脱毛を受けた人の中には「レーザーが凄く痛かったけど、ニードルは余裕だった」などの声も聴いたため、個人差は相当あるようです。

 

仕上がりが思ってたものと違う

光で照射する場合、どうしても途中経過などを見ると部分的に脱毛してしまい変な隙間が空くことがあります。

 

こちらはレーザー脱毛を数回受けた後の私の肌なのですが、少し隙間が空いているのが分かると思います。

私の場合は普段ヒゲを剃るし、最終的には全部ヒゲを処理する予定だったので特に不自由しないのですが、「ある程度ヒゲを残してオシャレをしたい」という人に取っては失敗以外の何物でもありません。

 

ちゃんとしたサロン・クリニックであったり、施術技師が経験豊富な人であれば、施術残しなんていうのはありませんが、まれにフラッシュやレーザーの照射漏れで、へんな仕上がりなってしまうということもあるようです。(中には損害賠償を求めたケースも)

 

肌荒れ・毛嚢炎のリスク

本来ヒゲというのは体に生えてくるもので自然なものです。それを科学技術で脱毛して無くそうというのですから、まったくリスクがないかと言われると嘘になってしまいます。

 

ヒゲ脱毛の肌荒れの代表格いえば「毛嚢炎(もうのうえん)」です。

本或いは数本の毛の根元が、小さな白ニキビのような状態になる。毛穴より下にある髪の毛を取り囲む組織の浅い部分だけに生じることもあれば、皮膚のさらに深い構造部にまで及ぶ事もある。皮膚の衛生状態が悪い人、慢性の皮膚病罹患者、鼻腔にブドウ球菌がいる人などは、当該疾患や皮膚膿瘍を起こしやすいとされている。糖尿病の人に好発するが、免疫機能の低下、肥満、高齢、も危険因子である。原因が不明なまま、感染を繰返す事もある。

出典:毛嚢炎-Wikipedia

 

簡単に言ってしまえばニキビっぽいポツポツができてしまうのですが、ニキビとは別物で、悪化すると化膿したりする可能性があります。

私は経験していませんが、脱毛が終わるまで肌荒れで悩まされる人というのも一定数いるようです。

 

泥棒ヒゲになる

脱毛機器や施術方法によっては、施術後に泥棒ヒゲのようになることもあります。本来はヒゲが抜け落ちる前になる現象であるため良い現象です。

ただヒゲが濃くなったように見えてしまうので、普段から人と合う営業や、人目に晒されたり、身なりが大切な人にとっては、嫌な思いをするかもしれません。

 

ヒゲ脱毛で失敗しないためには

ではヒゲ脱毛で失敗しないためにはどうしたら良いのでしょう。各失敗例に照らし合わせてポイントを整理したいと思います。

 

ヒゲ脱毛選びの時は回数にも注目する

失敗例のところでも挙げましたが脱毛は一回こっきりでは終わりません。

「髭剃りの回数が減った」「濃いヒゲが少なくなった」など効果を実感できるまでには5回前後、「完全にヒゲを無くす」のには10回前後通う必要があります。

 

思った以上に金額がかさんでしまうという事態を防ぐためには、値段と一緒に施術回数にも注目をするべきです。

 

ヒゲが濃い人は受け放題プランを視野に入れる

専門家からしても打ち漏れや施術回数が思ったよりも多くなってしまうという見積もりミスが全くないとは言えないため、どうしても全部のヒゲを無くしてしまいたいというのであれば、私のように最初から受け放題プランを選ぶというのもありかもしれません。

 

痛み対策には麻酔

一部サロン・クリニックではヒゲ脱毛の痛み対策に麻酔を用意しています。

こちらの写真は「ゴリラクリニック」という医療脱毛クリニックにて施術を受けている写真です。鼻部分に当てているのが「笑気麻酔ガス」というものでこれを吸うと酔っぱらったような状態になり感覚がマヒします。(マスクを外して呼吸をしたらすぐに元に戻ります)

この状態ですと、ヒゲ脱毛の中でも痛い鼻下の脱毛も全然痛くありませんでした。

 

仕上がりをデザインしたいのであれば「ニードル脱毛」

脱毛方法の中でも1本1本の毛を手作業で処理するニードル脱毛はの場合、全部無くすことも、全体的に間引いて自然な濃さにすることも、アゴだけ残す・鼻下だけ残すなども出来るため、仕上がりを細かく調整することができます。

 

ちゃんとした施術スタッフを抱えているサロン・クリニックであれば、どの方法でもある程度仕上がりを調整することは出来ますが、ニードル脱毛は他よりも細かい調整が効きやすいです。(ただし料金は高め)

 

施術後はスタッフの指示に従おう

どの脱毛方法を行っても基本的には、施術後に塗り薬を塗ったりしっかり保湿ケアをすることをスタッフから指示されます。

脱毛方法によっては術後の肌ケアに加え、「激しい運動の禁止」「当日の飲酒を禁止」などの指示があるもこともあります。

これらの指示をちゃんと守っていれば、基本的には肌荒れはしないはずです。

 

医療脱毛クリニックなら抗生物質を出してくれる

とは言え肌質が合わなくて肌荒れをしてしまうということはあるかと思います。

当サイトでは医療行為であるクリニックによる脱毛を一番推奨しているのですが、その理由の1つに院内に医師がちゃんと常駐しているからがあります。

 

医師が院内にいるため万が一肌が荒れてしまっても、専門家の観点からちゃんと診察してくれますし、その結果を踏まえて飲み薬や塗り薬といった抗生物質を処方してくれます。安心・安全に脱毛をすることができます。

 

【まとめ】信頼できるサロン・クリニックを選ぶ

安全性や施術のクオリティを考えるのであれば、ちゃんとしたサロン・クリニック選びはとても重要です。

料金が安いというところにばかり目がいってしまったり、営業の人の雰囲気が良かったからと軽い気持ちで選ぶと、後々「失敗した」ということになりかねません。

 

施術技師のレベルが低いと肌荒れトラブルだけでなく、変な仕上がりなってしまうことも考えられますので、しっかり下調べや無料カウンセリング・お試しトライアル、などを行った上で安心しているクリニック・サロンを選ぶことをオススメします。

 

2018年版!メンズ脱毛ランキング

 

2018年版!ヒゲ脱毛ランキング

メンダツおすすめメンズ脱毛

ゴリラクリニック

髭脱毛

☑開院2年で22万人の実績があるメンズ専門の医療脱毛クリニック

☑「ホリエモン」「アンジャッシュ児島」など多数の芸能人が来院

☑実質受け放題の「ヒゲ脱毛完了コース」がある

☑8箇所選べる全身脱毛プランも分割払いで月8,500円から利用可能

☑最新脱毛機器&複数の麻酔により痛くない脱毛を実現

☑VIO(陰部)の脱毛は男性スタッフが担当するので「女性に股間を見られる恥ずかしさはナシ」

☑従業員&設備が良い「充実のホスピタリティ」

無料カウンセリング&お試しトライアル実施中!

 

湘南美容外科

【ヒゲ脱毛】オトコの根こそぎレーザー脱毛

☑全国56院開院していて様々な場所で脱毛が可能

☑累計実績379,846件

☑業界屈指の割安料金プランで「ヒゲ脱毛3部位が6回29,800円」「VIO脱毛6回58,000円」で利用可能

☑月々の分割払いにすると3,200円から

☑スタッフの接客も完璧で非常に好印象

 

メンズリゼ

東京アールズクリニック

☑80,000件を超える安心実績

☑メンズ医療脱毛最安値。幅広いコースを設定しお得な価格で脱毛可能。

☑カウンセリング料・初診料・再診料・剃毛料・予約キャンセル料、解約手数料が無料。

☑痛みに心配という方も安心。無料照射を実施、別途料金で麻酔アリ。

 

-ヒゲ脱毛, 部位別脱毛

Copyright© 【メンズ脱毛のメンダツ】 , 2018 AllRights Reserved.